スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011&2012年総括(その3)

2010年に発表した「悪ノ娘 黄のクロアチュール」以降、音楽活動と並行して執筆の方も
行ってきました。
今回はこれまで発表した小説作品について、三年分まとめて総括したいと思います。
(記事タイトル通り2011年からの分でもよかったのですが、処女作だけ外すのも何なので)


小説・漫画原作(2012年まで)

・悪ノ娘 黄のクロアチュール
今見ると色々と拙い部分も多いです。
正直、書き直したい所もちらほらとあります。
ただ、当時書きたいと思っていたことをいっぺんに吐き出している感じなので
情熱というか、熱量はその後の作品と比べても高いかなぁ……と思っています。

・悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート
登場人物の女子率が、他作品と比べても一際高く、内容もアレなため、
中々に苦心しながら書き上げた記憶があります。
前作よりも話の展開がゆったりしている関係もあって、編集サイドでカットされたシーンが
一番多い作品でもあります。
エインはシリーズ中でも数少ない(唯一の?)正統派イケメンキャラ。

・外伝漫画 悪ノ娘 白のノヴェレッテ ※原作担当 「悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート」特典小冊子収録
ほのぼのエピソード、いうか基本ギャグ。酔っぱらったクラリスの言動が完全にメタ発言。
漫画のシナリオを書くのは小説とは勝手が違うところもありましたが、CAFFEINさんの力量に助けられました。
ちなみにカイル、キールと共に会議しているもう一人の人物はエルフェゴート王・ソーニ=エルフィン。

・トワイライトプランク ※「悪ノ間奏曲 『悪ノ娘』ワールドガイド」収録
語り手が大臣←オリジナルキャラのおっさん、という誰得な作品。
合間の壱加さんの漫画が、この話における清涼剤。
プレジ内務大臣やライバルのジェネシア、そして前2作品に登場したミニスの「三大臣」は
実は初期プロットから存在していたキャラでした。
軍務を担当する「三英雄」に対し、内政を担当する重臣、といった感じです。
こいつらがもうちょっとまともなら、ルシフェニアの状況も少しは違ったかもしれないですが……。

・漫画 悪ノ娘 銀のルトルーヴェ ※原作担当 「悪ノ間奏曲 『悪ノ娘』ワールドガイド」収録
「黄のクロアチュール」でカットされたエピソードです。
(アレンやジェルメイヌ視点では描きようのない話なので……)
ぶっちゃけ、この話での設定が後の話でも使われていたりするので、
やっぱり本編に入れておけばよかったかもなあ……と今さらながら思ったり。
マリアムさんは……色々と不憫なキャラで……。

・悪ノ娘 赤のプラエルディウム
当初の予定ではリリィさんが主役で、ユキナは前作に引き続き脇役のはずでした。
諸事情で今の形に変更になりましたが、まあこれは結果的には良かったかなと思っています。
新キャラがいきなり主役というのも、今にして思えばやや不自然ですし。
ジェルメイヌがルシフェニアに向かう途中、立ち寄った村で自身の出生について知るエピソード
(レオンハルトに拾われたときの話)を入れる予定もあったのですが、これも都合によりやめました。
基本的に三英雄絡みは本編と関連性が薄いということでカットされる割合が高く……つくづく不憫というか……。

・悪ノ娘 青のプレファッチオ
特に後半部分はノリノリで書いていた記憶があります。
やはり悪人を書いている時が一番楽しいです。
エピローグについてはアレにするか、ユキナが後日談を語る形式にするかの二択でしたが……あれでよかったんですかね?

・霧ノ娘 ※「悪ノ叙事詩 『悪ノ娘』ファンブック」収録
本来は「悪ノ間奏曲」の時に他作品と共にプロットを提出していたものなのですが、ここでようやく日の目を見ることができました。
セイラの見た目については、リリアンヌに似た女の子だと想像してもらえれば。
「黄のクロアチュール」においてガストが、それをにおわすようなことを言ってたりします。

・ヴェノマニア公の狂気
原曲のイメージ、設定を損なわないようにしつつ、物語としての面白さを優先させて崩すところは崩してみました。
これもまだ書きたいエピソードはあったのですが(リンドやジョセフィーヌのエピソードとか。グミナについてももう少し掘り下げたかった)
文章量が膨らむのを危惧して、色々と削りました。
話の密度を濃くしつつ、適度な文章量でまとめる……その能力が自分にはまだ足りていないようです。

・コミカライズ版 ヴェノマニア公の狂気 ※原作担当
小説ではさらりとしか触れられていない、ルカーナの幼馴染「リリエン」とヴェノマニアのエピソードを描いた漫画版。
作業進行的に、小説版より先にこちらのコミカライズ版のシナリオの方を書いたため、設定のつじつま合わせにちょっと混乱したり。
ラージフはエインばりの正統派キャラなので、小説版でももっと出番をあげたかった……。
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

2011&2012年総括(その2)

前回に続き、今回はニコニコにUPしていない曲を、2年分まとめて総括したいと思います。

ニコニコ未発表曲

・master of the court
「master of the graveyard」に続く「四つの終末」シリーズの2作目。
このシリーズは全4部作になる予定。
4作目が出るのはホントのホントに最後になると思いますが。
「四つの終末」シリーズは現状、CD限定公開のスタンスをとっていますが
いつか時が来たら動画にしたいと思っています。

・追想のオルゴール
別名「ぜんまい使いの鎮魂歌」。
わりと重要なエピソードを扱っていますが、ちょっと思うところがあって
動画での公開はしない予定。
曲調としては、どちらかというと昔の作風に近い感じでしょうか。

・樹の乙女~千年のヴィーゲンリート~
小説「悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート」のテーマソングとして作った曲です。
……メジャーコードメインで曲を作るのが苦手であることを痛感した曲。
……うん、決して駄目な曲だとは思っていないんですけどね。
現在でもワンコーラスならば公式サイトで聞くことが可能です。

・待ち続けた手紙
K-BOOKSさんの特典用CD「Triangle vol.1」に提供した楽曲。
諸事情により動画での公開や別CDへの収録はいたしません。
別の曲の続き? のようにも思えるような内容ですが
元々はボツプロットとなっていたものを引き出してきたものなので
正史ではございませんのであしからず。

・白いレンガと黒い喪服
同じくK-BOOKSさんの特典用CD「Triangle vol.2」に提供した楽曲。
こちらも今後、別媒体での公開はしない予定です。
ノスタルジックな雰囲気を目指して作りました。

・「Ma」計画
同人アルバム「原罪物語-第1幕-」に収録された、全ての始まりを描いた曲。
「原罪物語」自体が組曲的要素を持っていますが、この曲はその中でも
展開パターンが多いものとなっています。
これの動画をつくることを躊躇しているのは、ひとえに最後の男性ボーカルパートのせいであります。
動画公開するとしても、手直しが入る可能性が高いです。

・開廷五分前
・預言者メリーゴーランド
・悪ノ娘ト召使
・ベルゼニアの悪食娘

いずれもインストです。
個人的には特に「ベルゼニアの悪食娘」が気に入っています。


……これ以外にも旧曲のリアレンジ作業などがあったとはいえ、明らかに制作ペースが落ちてきています。
およそ2年前の半分のペース。
別に遊んでいたわけではありません。
まあ、あれですよ。制作時間の半分を、別の事にとられていたわけですな。
と、いうわけで次回はその「別の事」……文筆関係の総括をしていきたいと思います。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

2011&2012年総括(その1)

2013年になったということで、去年の総括……というか
去年はこれやらなかったので、今回は2年分まとめてやっちゃおうと思います。

まずは発表自体は2010だけど、動画UP前ということでやらなかった2曲を含む、
2011年にニコニコにUPした曲から。

ニコニコ発表曲(2011)

・悪徳のジャッジメント
元々は「悪ノ娘」のような、ちょっとチープな感じの曲にしようと作り始めた曲でした。
最初のプロット段階ではストーリーもオチも結構違っていて、ガレリアンは今よりも
数倍ゲス野郎でした(笑)
冥界の主の提案を普通に受け入れちゃったり……(笑)
メジャーCDの為の書き下ろし曲でもあったので、締め切りに追われながら作った曲でもありました。
イラストを担当してくれたのはゆーりんさんですが、サムネになっているイラストについて、
ゆーりんさんは当初、2パターンを描いてくださって、現行のとは別に、普通のイケメンバージョンの方もありました。
「どちらかを選んでほしい」とのことだったので、迷わず悪人面の方を選ばせていただきました(笑)

・クロノ・ストーリー
悪食ワカメ。
これもCD用の書き下ろしなので、色々追い詰められながら作った記憶があります。
動画中には明記していませんが「ぜんまい仕掛けの子守唄」シリーズの5作目に当たる曲です。
シリーズのこれまでの曲同様、受けの良さより自分の好みを優先して作りました。

・眠らせ姫からの贈り物
前2曲以上に、思い悩みながら作った曲。
「怠惰」というテーマで真っ先に思いつくのが「眠り姫」とか「白雪姫」とか、あるいは「ラプンツェル」とかだったのですが、
モチーフとしては他の方のボカロ曲でも散々使われているし、ちょっとそのまま過ぎるかなぁ……となかなか決まらない状態でした。
で、色々捻ったり考えたりして、結果できたのがこの曲。
今聞くと、曲調も試行錯誤していた感じが見えます。

・五番目のピエロ
鏡音コラボ用に書き下ろした曲……なんだけど、結局前曲と繋げちゃったなあ……。
まあ、それも作家性ということで勘弁してください。
……しかもさらに続きがあるんですけどね!(いまだ未発表)
……なんとかして仕上げたいなあ……メリゴド高地の決闘……。
この曲でレンAppend初使用。
アペンドのおかげで、レンが一気に使いやすいボカロになりました。

・茶番カプリシオ
チャーハンカプチーノ。
「ぜんまい仕掛けの子守唄」シリーズ6作目。
ボカロがいっぱい登場する曲を作ってみたかったんです。
データの管理が非情に面倒くさかった記憶が。
詞、曲はもとより、動画でも色々と悪ふざけしています。


続いては、去年にニコニコにUPした曲を。

ニコニコ発表曲(2012)

・プラトーの花
通報はや~め~て~(笑)。
前年にやたらアップテンポを作り続けた反動で、ちょっとゆったりした曲調で作ってみたくなりました。
それでできたのがこの曲。
自分で言うのもなんですが、かなりクセの強い曲だと思います。
歌詞の内容的にも。
ミクAppend初使用。

・針音ノ時計塔
小説「悪ノ娘 青のプレファッチオ」のテーマソングとして作った曲で、ちょっと他の曲とは毛色が違ったものになっています。
この曲で「歌愛ユキ」初使用。
意外と使いやすかったのですが、曲調は選ぶなあ、という印象。
原曲は「ハートビート・クロックタワー」なのですが、ほぼ別物になりました。
上記のような成り立ちの為、「るりら」が歌詞に入っていますが「ぜんまい仕掛けの子守唄」シリーズではありません。

・魔女ザルムホーファーの逃亡
「悪食娘コンチータ」以来、三年ぶりのMEIKOメイン曲。
個人的にはコンチータでの雪辱も兼ねて作った曲。
……何の雪辱かは聞かないで!
改めて聞くと、色々な意味で「自分らしい」なぁと感じる曲です。
長らくPCの奥底に眠っていたメータさんのプロットを、ようやく表に出すことができました。
……あとは……レヴィアンタの災厄……。

・チミドロスイッチ
MAYU初使用曲。
既存曲とは時代的な繋がりはない、独立した曲です。
だからイラストの衣装もMAYUのデフォルトです。
そうしてもらうようお願いしました。
刺激的な内容の曲ではありますが、個人的にはもっとエグくしても良かったかもなぁ、などと思ったりしています。


ニコニコ未発表曲については、また後ほど。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

質問回答その4

間隔空いてすみません。
質問回答その4です。


>悪ノさんは七つの題材シリーズなど、中世やオカルト系(正しいでしょうか?)の楽曲が多いですが、そういうネタはどこで取り寄せていますか?

昔、そういった系統の題材にはまって自分なりに色々勉強したのが下地になっています。最近では本屋でそれ系の本を買いあさったり。

>1曲あたりの制作期間はどれ位ですか?

曲によってまちまちです。「悪ノ召使」は4日くらいで作った記憶が。アイデアさえ思いつけば実質的な作業時間はだいたい1週間くらいでしょうか。
そのアイデアを思いつくのが厄介なのですが……。

>K-booksさんのTriangleに収録されていた『待ち続けた手紙』『白いレンガと黒い喪服』の二曲は今後悪ノPさんのCDに収録される可能性ってありますか?

現状、K-booksさんの許可が下りていないので可能性は限りなく低いです。

>質問なのですがジョセフィーヌはあの革命の後どうなったのですか?

実は未発表のボツ曲に「悪ノ馬」というのがあったんです。それではジョセフィーヌはリリアンヌと一緒に王宮から脱出していて
最後は修道院の農場で静かにその生涯を閉じる、という感じになっていました。

>あと、サーバンツが出てくる歌詞かPVに、月が毎回出ているのと、ベルゼニアが「月の生まれた国」っていうのは、mothyさんの好みですか?

本名の漢字に「月」の文字が入り込んでるんで、その影響かも。

>そういえば・・小説の帯を送るやつ、なんの反応もないんですがこれって落選ってことでしょうかね?w

5月末締切だったので、発送はこれからになるかと思います。応募多数だったため抽選になるので必ず届くかはわかりませんが……。

>私は個人的にUTAUでは重音テトが好きなのですがテトちゃんで曲を作る予定はありますか?

ネタはありそうなのですがUTAUはボカロ1エンジンよりも敷居が高いかも……。

>「悪ノ王国」を出されてますが、【憤怒】の曲や全ての物語が終わりを迎えたら、それら(「眠らせ姫からの贈り物」「五番目のピエロ」等)を収録した完結のアルバムは出される予定は無いのでしょうか?

「悪ノ王国」未収録の曲も増えてきたので、それらをまとめて出せればなあと思っています。

>小説内でアレンに悪魔が取り憑いたことはありますか?

どうなんでしょうか……。彼は色々とイレギュラーな存在なので。

>マダム・メリーゴーランドとメリゴド高地って何か関係あるんでしょうか?

「マダム・メリーゴーランド」自体はエヴィリオスシリーズとは別のifの曲として考えていただいた方がいいかもしれません。
(全く関係がないわけでもないのですが……)
ただ「メリーゴーランド」という名前の登場人物は今後登場するかもしれません。
(設定上は存在しているので)

>よく作品にKAITOが出るのは、扱いやすいキャラだからですか?それとも、好きだからですか?

そもそもボカロに男キャラが少ないから……。わりとこき使ってます。

>新曲出すのはいつ頃ですか?

7月末~8月頃には出せると思うよ!

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

質問回答その3

質問回答、その3です。
ちょっとだけ小説のネタバレを含んでいるので未読の方は注意。

>茶番カプリシオにでてくる歌詞「ガラクタばかりの傍聴席」のガラクタですがこれって追想のオルゴールに出てくるガラクタ=クロックワーカーがイリーナとエルルカの為に作ったオルゴールという事なんでしょうか?

追想のオルゴールのガラクタは別のものです。

>最後のリボルバーのgumiってグーミリアなんですか?緑で大切な人が出来たともいっていたし・・時間がずれてるような気もしますが私の推測では最後のリボルバーのgumi=八番目の狙撃手=グーミリアということですかね?一応グーミリアも人間になったとはいえ元精霊だし、魔道師なのでエルルカ同様悠久の時を生きれるのかなぁって思ってます

どうでしょうかね?

>五番目のピエロのレミーが「ふとった豚に銀のナイフを突き立てる」というのは花のプラトーにでてくるミクリアに付きまとっていた男の事ですか?その男を殺した後、母のミクリアを殺したということですかね?

プラトーとピエロではだいぶ時代が違いますね。

>エヴィリオス年期六一一に出てくるメリゴド高地の決闘は、小説になりますか?どちらが勝つかはすごく重要だし、スドウ・カヨとカラダを転身したエルルカ=Maはイリーナ=アビスという可能性も出てくる訳ですね・・

小説はわかりませんが、曲にはなるかも?

>悪ノ間奏曲および悪ノ王国に入っている年表が途中で切れていますが 年表の続きは新しい楽曲で発表されるのでしょうか?

やるなら最後の最後になると思います。

>小説が始まったら、悪ノ間奏曲みたいな、キャラの衣装とか、設定とかが見たいです!

出版元(PHPさん)次第かと。

>「円尾坂の仕立屋」の男と女の子達のそれぞれの関係が知りたいのですが、これは小説で明かされるのでしょうか?

たぶん明かされるかと。

>やっぱり憤怒はGUMI曲でしょうか?

はい。突然気が変わったりしなければ。

>主要なものだけでいいので、地名や人名の綴りが知りたいです。

人名
Allen(アレン)
Riliane(リリアンヌ)
Michaela(ミカエラ)
Elluka(エルルカ)
Gumillia(グーミリア)
Clarith(クラリス)

地名
Lucifenia(ルシフェニア)
Marlon(マーロン)
Elphegort(エルフェゴート)
Levianta(レヴィアンタ)
Beelzenia(ベルゼニア)

>「悪ノ娘」に登場するガスト・ヴェノム。彼は黄にちょこっと出てきたっきりなんですが、彼について今後なんらかの情報が明らかになることはあるんでしょうか?

短編用にプロットはあるのですが、諸事情で今の所日の目を見ていません。
機会があればどこかで。

>(小説で)傲慢の大罪はどうするのでしょうか?

「悪ノ娘」が「傲慢」の小説ということでお願いします。

>ノベル化は傲慢はないとしても、6つありますが、憤怒は入れるんですか?

やるならたぶん最後。

>悪ノ王国 ~Evils Kingdom~ 公式サイトにある、「悪ノ大富豪」
coming soon...
果たしてcoming soonとはなんだったのか・・・
もう完全に放置プレイですよね。


あれ別に僕がゲーム作っているわけではないので・・・・・・。
放置されてますよね・・・・・・。

>レオンハルトが死ぬ時に「……には気をつけろ」という台詞がありますがそれは誰に気をつけろって言ってるんでしょうか?私の頭じゃ分からなかったので…

レオンハルトは王宮で暗躍する人物の存在に気が付いていたのかもしれません。彼はある行為を一人の人物に目撃されていますが、
見られたという事は、逆に言えばレオンハルトの方も相手に気が付いていた可能性もあるわけです。
レオンハルトは王宮に頻繁に出入りしていますし、先代の時代からの重臣ですから、何かしら感づいていたとしてもおかしくはありません。
気が付いていながら対策をとっていなかったのは、完全な彼の落ち度ですが。
まあマリアムに気を使ったのかもしれませんがね。
色々な意味で非情になりきれないのがレオンハルトの欠点であり、良い所です。

>「10分間の恋」や「無口な君へ」みたいな曲を(コラボ曲以外で)作る予定はありますか?

作りたいです。時間があれば。

>JOYSOUNDのカラオケ配信ってmothyさんの許可が出てから投票が始まる・・・のですよね?
まだ配信されてない楽曲も許可をしていただけるのでしょうか?
現在、曲の対応状況を確認中とあるのがたくさんで…
mothyさんの曲をカラオケで歌いたくてしかたがないんです…!


JOYSOUNDはこちらから連絡を取らないと話が進まないので、
中々確認、連絡作業に手が回らなくてスミマセン。
「悪ノ王国」収録曲ならDAMの方で歌えるので、とりあえずはそれでご勘弁を!

>ボカロPってどうやったらなれるんですか?

VOCALOIDを買えばなれます。

>ずっと考えているのですが、ガモンさんの代まで延々と続いている“呪い”が気になって気になって仕方ありません
一体どんな呪いなんでしょうか…?
“色欲”の呪いってことは…やっぱり、そういう類・方面なんでしょうか?


ヴェノマニアが原因となっているのは確かです。
ただその呪いが「大罪の器」に起因しているものなのかは定かではありませんが。
まあ、いずれ明らかになるでしょう。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

NEWS
akutoku.jpg 悪ノ大罪 悪徳のジャッジメント

円尾坂小説アイコン 悪ノ大罪 円尾坂の仕立屋

------------------
アンロックシティ アンロック・シティ

------------------
悪ノ大罪 五番目のピエロ

------------------
akuno7.jpg 七つの罪と罰
------------------
眠らせ姫表紙 悪ノ大罪 眠らせ姫からの贈り物

------------------
拷問塔は眠らない ―悪の円環―

------------------
COMIC悪ノ娘―第一幕―

------------------
拷問塔2巻 拷問塔は眠らない ―エメラルドの少女―

------------------
悪ノ大罪 悪食娘コンチータ

------------------
0007web用サムネ 2013夏コミ情報
------------------
新プロジェクト始動!「拷問塔は眠らない」

------------------
「あくむす」「悪ノ召使~おぺらぶっふぁ!~」電撃G'sコミックにて連載中!

------------------
venosyousetu.jpg 悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気

------------------
悪ノ娘 ノベルシリーズ

------------------
コミカライズ版「ヴェノマニア公の狂気」

------------------
Evils Kingdom縮小 メジャーフルアルバム発売中!! banner_10031_190x100.jpg ------------------ KARENT.jpg KarenTにてiTunes、着うた配信中 ------------------
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
Twitter
INFORMATION
・同人活動

THE VOC@LOiD M@STER36
2016年11月05日(土)
東京:大田区産業プラザPiO1階大展示ホール
A01
サークル名
 the heavenly yard

頒布作品
「Lucifenia Trinity」
500円


音源の使用、二次創作(同人誌等)、演劇化、コスプレ、「歌ってみた」の投稿は、同人、非営利(有償非営利も含む)での範囲内でしたら問題なく使用いただけます。学校行事(文化祭・部活動)の場合も同様です。

個別に確認したい場合は下記メールアドレス
mothy5289☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)
までご連絡ください。
ブログのコメントでの許可申請には返答いたしません。


各楽曲の世界観・設定についての質問は基本、お答えしかねますのでご了承ください。

楽曲の使用について
プロフィール

mothy(モッチー)

Author:mothy(モッチー)
ニコニコ動画にて「悪ノP」の名前で
VOCALOID曲の発表をしています。

リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。